感謝の気持ち

スタッフの木村です。


先日の中日新聞の記事で、心に残るものがありました。


名古屋市千種区『レクサス星が丘』に勤めるとある警備員の方のお話です。

彼の仕事は『エントランスボーイ』

本来の仕事は、お客様を出迎え、歩行者の安全を確保することですが、あるときから店の前を通るレクサスに頭を下げ始めたそうです。

『うちの車に乗っていただいてありがとうございます』

と感謝の気持ちをこめて。


お辞儀の回数は一日千回ほどにもなり、見返りを求めない感謝のあいさつが多くの人をひきつけたそうです。

彼の行動から、『あなたのお店で購入したい』というお客様もいらっしゃったとか。


すばらしい方だなあと、記事を読んでいて心打たれました。

彼の行動は、誰しもが真似できることではないかもしれませんが、お客様への感謝の気持ちをただただ誠実に表し続けるということ、私も忘れずにいたいと思いました。


お辞儀ってとても美しい挨拶ですね。

挨拶は人と人が出会い、交流するときの基本です。

何気ない挨拶ひとつでも、心をこめれば、なにかが伝わるかもしれません。


お客様への挨拶、

一緒にお仕事しているスタッフへの挨拶、

お家づくりのパートナーである協力業者様への挨拶、

どんなときも、相手への感謝を忘れず、心をこめて挨拶したいな、と思いました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    3pAPA (木曜日, 11 12月 2014 21:56)

    挨拶は、日々の心構えの姿勢ですね。1人では生きることが出来ない社会にですから、お蔭様という言葉を毎朝声にだして、奥さんにも○○に感謝とか言葉にしないと伝わりませんね。昨日は嫁さんから有難うと言われ照れましたが、やっぱり言わないとね。
    流石です。良い話を聞けました。有難う。

見た方がいいYoutube動画

iiieのFacebookページ