家作りの現場

iiie木村です。

 

今、私の自宅の近所で、建替えがされるのか、年季の入った家屋が取り壊されています。

毎日大きな重機が出入りしており、騒音もすごいですし、作業車の路上駐車もあります。

 

iiieで家作りのお仕事に携わっている私でも、あまり気分の良いものではありません。

 

しかし、現場で作業されている方々の対応がとても気持ちいいのです。

通りかかると、丁寧に『ご迷惑おかけしています』と挨拶してくださいますし、

付近を車が通れば、てきぱきと誘導してくださいます。

作業を終えるときは、周辺の道路をきちんとキレイにして、帰られます。

 

騒音は、正直しんどいなあ、と思うこともあるのですが、作業される方のきちんとした仕事ぶりを拝見していると、重機の激しい音も『仕事してる男たちの音!』に聞こえてくるから不思議です。

(そう思うのは私だけかもしれませんが)

 

 

そして、家作りは何よりも現場が大切なのだな、と改めて気づかされました。

 

きちんとした構造の家、お施主様にご満足いただける間取り、充実した設備、

何よりもiiieのキーワードでもある『健康』に配慮した家づくり。

 

完成される『家』そのものにばかり頭がいきがちなのですが、

実際に建てられる場所で、お客様が気持ちよく新しい暮らしをスタートするために、

現場での家づくり自体がきちんとされるのは当然のことですが、建設中ご迷惑をおかけしてしまうご近所の皆様に、最大限の配慮を継続していくことは私たちの使命のひとつです。

 

これからもスタッフ一同、気を引き締めてまいります!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    3papa (水曜日, 30 4月 2014 00:02)

    熱い気持ちは伝わっているのですね。

見た方がいいYoutube動画

iiieのFacebookページ