築10年エネルギーパスで計算された住まい改善リフォ計画

昨年の知多郡東浦町の産業まつりでお会いした、東浦町のN様のリフォーム相談に伺いました。

今日は、愛知も3月ようなの天気で暖かく、温度調査が難しい状態でしたが、注文住宅ではない地元工務店の建売住宅築10年のお住いを調べました。

N様は住み始めてから、メンテナンスはしておらず、使えるように使ってみえます。

たぶん、愛知だからではなく注文住宅ではないからでもなく、普通なんだろうと思います。

今回、高血圧への対応と改善リフォームと借り換えの全てを老後までの計画的なリフォーム計画として、アドバイスさせて頂きました。

築10年ですから、低燃費住宅へ建替えではもったいないので、低燃費住宅に近づける最善の方法で、しっかり計画を練りたいと思います。

小さ目の土地に小さ目のお家ですので、愛知で低燃費住宅を普及したい私の思いから、次のように考えます。

 

コンパクトなお家を断熱気密改修をすることで、

・高血圧の体に負荷を減らす事が出来ます。

・育ちざかりのお子様とお夫婦の豊かな生活を手に入れます。

・4人の子育て+共働きでも、家事が楽になります。

・プラン変更で収納力UPと夜勤のご主人と自立できる子育てを目的にします。

FP計画プランで、戦略的な一部繰り上げ返済することで、

・総返済額を最小にして、老後も豊な生活を送ります。

 

東浦町N様

2週間かけて綿密に計画を立てます。

 

見た方がいいYoutube動画

iiieのFacebookページ