iiie(いいいえ)の建物

◆基礎仕様

べた基礎を用いています。

また、信頼のできる調査会社と地盤補強工事を完全に分離。

地盤調査結果を元に基礎補強工事が必要な場合は、地震による地盤のひずみが出来ても安定でき、発がん性物質も造らない液状化対策工法「ハイスピード工法」を標準採用。 

 

◆構造仕様

1邸ずつ構造計算し、耐震等級3の性能を確保。

また、構造材は中部地方で育った桧を中心に国産材を多く使います。

※中国製の集成材は使いません。

耐震等級の最高等級3 重心剛心完全バランス設計をしています。 

 

◆耐風仕様

最高等級2で設計しています。

台風・竜巻の多いこの地域だからこそ必要です。

 

◆耐火仕様

省令準耐火と同等で設計。

※省令準耐火設計とは、鉄骨住宅と同様に火に強い木造住宅です。

性能が良く、火災保険料も安い。

トータルで考えたらコスト削減につながり、安心していただけます。

 

◆制震装置(オプション)

ご希望のお客さまには、地震エネルギーを吸収するMERシステムをご提案しています。

 

◆開口部・サッシ仕様

基本的にトリプル硝子+樹脂枠サッシを採用。

窓は大きな熱交換が行われるため、これらを採用して気密断熱効果を高めています。

         

◆住宅設備仕様

給湯方式はオール電化またはガスを選択頂きます。

システムキッチン・システムバス・洗面化粧台等の水回りやトイレなどの衛生器具類は、TOTO、Panasonic、トクラス、他各メーカーさんからお選びいただけます。

 

照明設備

基本的にLED照明を採用しています。

弊社から先ずご提案をさせて頂き、ご希望に合わせて変えていくことが出来ます。

 

◆給排水設備

メンテナンスしやすいように、サヤ管ヘッダー工法を全邸で採用しています。

 

◆換気設備

第一種換気設備を採用。

補助的な意味で第3種を併用しています。

 

◆空調設備

エアコンを殆ど使わない仕様で設計しています。
6~8畳用のエアコン2~3台でまかなえるような計画をしています。

見た方がいいYoutube動画

iiieのFacebookページ